どうしてカードローン審査に通らない?

カードローンの審査に通らなかった時、どうしますか?

  • 途方に暮れる
  • 次のキャッシングに申し込む

などが思い浮かびます。

 

落ち込んでしまうかもしれませんが、カードローン審査に通らなかった理由をきちんと考えること、これがとても大切になります。

 

とはいっても、カードローン審査に通らなかった理由は、申し込み先の金融機関に教えてもらえることはありません。なぜ通らなかったのか、分からないまま別のカードローンに申し込んでも、同じ結果になるかもしれないからです。

 

カードローンの審査になぜ通らないのか、それは簡単に言ってしまうと、信用度が金融機関の求めるところに到達していないことが挙げられるでしょう。信用度は与信という呼び方もされています。申し込み者が、いくら借りられるのかという限度額や利息を計算する金利にも関わるものです。

 

与信は、年収や勤続年数などを含む属性、過去のローン利用履歴(延滞履歴)などが判断材料となるのです。審査に通らない理由を考える時は、このうちのどれかだと推測することになるでしょう。ただし、理由がいくつか合わさっていることもあります。

 

また、カードローンの記録は信用情報機関に残っているのです。
信用情報機関は、金融機関が申し込み者のローン利用の履歴を照会します。

 

利用だけでなく、この照会したという記録も残っていることに気を付けておきましょう。
申し込み記録が残っているうちにまた申し込むと、同じ結果になります。審査に通らない理由をきちんと考えることは、カードローン利用のために大切なポイントです。

 

カードローンの審査を知っておく

カードローンの審査は、一次審査、本審査の二段階で行われます。
一次審査はスコアリングといって、属性を点数化するものです。これは機械的に行われるので、大変短時間で済むカードローンも増えていますね。

 

属性のうち重視されるのは、年収や勤務先の規模、勤続年数などです。
ただし、カードローンを発行する金融機関によって、重視するポイントが少しずつ違っています。

 

スコアリング審査への対策は、実はあまりできないものです。
年収アップや、結婚するといった信用度を上げる材料は簡単にできるものではありませんよね。しかし、勤続年数を短くしないためにも、転職を少し待ってみるといったことならできるでしょう。

 

何より借りたいからといって、申し込み時に虚偽の申告はしないように気を付けるべきです。年収を少し多めに書いたり、現在の借入額を少なめに書いたりというのは誰もが考えてしまいます。しかし、正直に申告しないと逆に信用度を下げてしまい、借入が難しくなってしまうでしょう。

 

本審査は、一次審査に通った方を個別に審査していくものです。
ここで、意外と担当者の心象が審査に影響してしまいます。

 

一次審査が完了した段階で、申し込み内容や借入の意志を確認する連絡を金融機関は入れることが多いです。この時の電話応対などに不審な点があると、「お金を貸しても返済されるだろうか。」と金融機関が疑ってしまうことになるでしょう。過剰に緊張しなくてもよいですが、きちんと対応することは意識しておいたほうがよいですね。

 

審査に通りやすいタイプとは?

カードローン審査に通りやすいタイプはズバリこんな方です。

 

・正社員あるいは公務員
企業に勤務している方なら、企業の規模が大きいほど審査には有利です。
また公務員の方も信用度が大変高くなります。これは収入の安定度がわかりやすいからですね。

・勤続年数が長い方

同じ勤務先で継続して働いている方は、収入の安定度が高いとみなされます。
カードローン審査では収入の大きさだけでなく、毎月一定以上の収入が継続的かどうかということが大変重要視されるのです。そのため、同じ所で長く働いている方は審査時にプラスとなるでしょう。

 

・連絡が取りやすいと判断される方
貸し付けた相手が返済しないのが、金融機関が一番困ることです。
既婚か未婚かなら、家族がいる申し込み者のほうが連絡を取りやすいと判断されるでしょう。

 

また、住居も持ち家で同じ所で長らく暮らしていると、簡単に引っ越してしまわないということがわかります。電話も、携帯よりは固定のほうが信用されやすいことになります。

 

・延滞履歴がない方
これまでローンを利用していても、延滞したことがなければ審査時にきちんと返す人物だと判断されてプラスに働くことがあります。逆に延滞履歴が残っていると、どんなローン審査にも通ることがないといわれているのです。

 

通りやすいタイプにすべて当てはまっていれば、必ず借りられるというものではありません。申し込み者の一点だけを見てカードローン審査をするわけではないからです。

 

しかし、これを満たしていない場合は、近づくようにすることで審査に通りやすくなる可能性は高くなるでしょう。

 

借りたい時の他の選択肢

どうしても借りたいのに、カードローン審査に落ちてしまったという時、他にお金を準備できる方法がないかと探すことになるでしょう。

 

カードローン審査に通らなかった場合、思いつきやすいのは違法業者への申し込みです。誰でも借りられるという謳い文句はとても魅力がありますね。しかし、違法業者でお金を借りられたとしても、大変高金利で設定された利息を返済することになるでしょう。

 

お金を借りるどころか逆にだまし取られてしまうケースもあります。
借りたい時にも、違法な業者には絶対に申し込みしないように注意するべきでしょう。

 

次に、最近話題のクレジットカード現金化をしてみようと考える方もいるでしょう。クレジットカード現金化は、正確にいえばショッピング枠で利用できる額を現金に換えるという方法です。

 

クレジットカードを使って商品を購入して、それを買い取ってもらって現金を手にするものとなります。こう聞くと質屋などに近い感覚を抱いてしまいますが、商品はまったくその金額に見合ったものではないケースがほとんどです。クレジットカード会社では、現金化をすると解約という条件を設定しているところが多いですから、こちらも避けたい方法ですね。

 

カードローン審査に落ちてしまうと、それ自体もショックですし、この後どうやってお金を借りようと行き詰まってしまうものです。なんとかして借りないといけないと、追い詰められてしまうでしょう。そんな心理を巧みに利用した違法な貸し付けなどには、申し込まないような強い意志が必要になります。