銀行と消費者金融のカードローン審査には違いがあるのか

カードローンは銀行や消費者金融で取り扱われている、借入目的を自由に決められる使い勝手のよいローンです。(事業性資金としては不可など、カードローンによって条件がある場合に注意しておきましょう。)

 

銀行と消費者金融のカードローンは、使い方や便利な点はとても似ていますね。
しかし審査では、大きな違いがあるのです。

 

銀行カードローンでは、保証会社の保証を受けることになります。
担保や保証人が必要ないカードローンがほとんどですが、その代わりに保証会社の保証を受けないと利用できません。この保証会社も銀行と同様に、審査を行うことが銀行カードローンの特徴です。

 

カードローンによって保証会社に違いがあります。
クレジット会社や、大手信販会社、さらに消費者金融などが保証会社となっているのです。

 

一つの銀行が取り扱うカードローンでも、保証会社が二つあるケースも見つかるでしょう。保証会社の違いによって、利用できる金利に違いが出てくることもあります。
いずれにしても、申し込み者が保証会社を決定するのではありません。

 

消費者金融では、この保証も消費者金融自身が行うため、審査にかかる時間が短いことが多いです。ただし銀行でも消費者金融が保証会社の場合は、その審査システムを活用していますので、審査時間が短いカードローンもあります。この点は、申し込み前に確認しておきましょう。

 

銀行と消費者金融のカードローンの審査では、こういった違いは分かりますが基準は申し込み者には分かりません。どちらが通りやすいといったことは、事前に知ることはできないのです。