審査基準がわかればカードローンで借りられるの?

審査基準がわかれば、カードローンを利用しやすくなるのに、と思ってしまいますね。
誰もが借りたい気持ちがあるので、審査基準を一生懸命調べているのではないでしょうか。

 

審査基準は、カードローンごとに設定が違っています
しかし、最低限満たしておくことで、審査に通る確率が高くなるというポイントはある程度明らかになっているのです。その点を申し込み前にチェックしておきましょう。

 

収入の安定度

先月は50万円、でも来月は5万円かも、その次はお給料あるかな…という方よりも、毎月10万円確実に入ってくる方のほうが審査に通りやすいのです。収入にムラがある時は、低いほうの額をベースにして借入希望額を算出しましょう。

 

他社借入金額と件数

すでにいくら借りているのかという点は、審査で大変重視されるものです。
しかし同じ金額を借りていても信用度が高い方とそうではない方がいます。
それが借入件数です。

 

通常ローンでは一社で大きな金額を借りるほど信用度が高くなるでしょう。
つまり、借入件数が少ないほど信用度が高まります。審査の前にローンをまとめることができないかなどを検討してみましょう。

 

家族構成

既婚か未婚なら、既婚の方のほうが信用度は高くなります。
しかし、子供がいる場合は出費の多さもありますね。そのため借りられる確率としては高くなっても、限度額の設定が低くなるかもしれません。

 

年齢

20歳から申し込みできるカードローンがほとんどですね。
しかしこの年代では、勤続年数があまり長くない、あるいはアルバイトといった勤務形態のことも多く、信用度は高く評価されないことがあります。

 

30代で一定のキャリアをお持ちの方は、やはり審査に通りやすい傾向です。
また上限年齢に近い方は、借入できなくなる年齢にも注意が必要でしょう。