カードローン審査に落ちたら

カードローン審査に落ちた…すぐに次のカードローンを探して申し込もうとしていませんか。カードローン審査に落ちた時には、借りられるようになるまで申し込みしたくなりますが、失敗のもとになることがあります。

 

申し込みの記録は、金融機関だけでなく信用情報機関にも残されるのです。
一社申し込みをした後、次に申し込みをすれば、その金融機関も以前の申し込みと結果が当然わかります。否決になっている結果が残っていると、理由を調べる金融機関がないとは言えません。

 

またカードローンに一度に複数申し込みをしている、短期間に次から次へと立て続けに申し込みをしている、こんな場合は相当お金に困っていてカードローンで借りようとしていると金融機関が考えることがあります。返済できないような状態なのでは?と疑いを持たれることで、審査に通りにくい状態となるのです。これは申し込みブラックと呼ばれています。

 

借りたいという気持ちがあることで、申し込んでしまうのは当然でしょう。
しかし、申し込みブラックを引き起こさないためにも、4社以上の申し込みを半年以内に続けてするのは避けるべきです。

 

申し込みの記録は、信用情報機関に半年間残ります
同様に、一度審査に落ちたカードローンに再申し込みする時も、半年待ってから行いましょう。以前の審査否決の履歴が残ったままなら、繰り返して申し込んでも同じ結果になってしまいます。

 

一部口コミなどには「申し込みブラックだったのですが借りられました。」というものがあるかもしれません。しかし金融機関は明確に「この状態が申し込みブラック。」と公表していないのです。申し込み者が自分で申し込みブラックだと思っていたという自己判断と考えたほうがよいでしょう。「申し込みブラックでも借りられたと見たから。」と申し込んでしまうのは軽率です。